介護靴・リハビリシューズの選び方

症状やかたちに合った靴を選びましょう

介護靴・リハビリシューズをお選びいただく際は、サイズ以外に症状に合った素材、かたちがポイントになります。


◆はれ・むくみがある方

◆外反母趾の方

むくみは夕方になるにつれてサイズが違う事もあります。
開口が広く、サイズの調整がしやすいもの。素材がやわらかく、足にフィットするものをお選び下さい。
また、あまりにも横幅が広くなるようでしたら、ワイドサイズもオススメです。
はれ・むくみのある方
靴の先が広く、幅の広いものがおすすめです。幅が広すぎると、靴の中で動いてしまうので、足首をしっかり固定できるものをお選び下さい。
また、親指の付け根にあたる部分が、伸縮性のあるソフトな素材であるものがよいです。
外反母趾でお悩みの方
◆リウマチがある方

◆すり足歩行の方

間接の変形などによる痛みには、やわらかい素材のものがオススメです。
出来るだけ靴の空洞が広く、中生地の縫い目が当たりにくいものがよいでしょう。
リウマチでお悩みの方
靴のつま先が、やや反りあがっているものがおすすめです。
靴底が軽くやわらかいものが歩きやすいです。足の衝撃を和らげてくれる靴底のものをお選び下さい。
すり足歩行の方
◆装具をお使いの方

◆片足販売をご希望の方

装具をつけた状態で、足幅、足囲、足長を測ってからお選び下さい。
サイズの調整が柔軟に出きるものがおすすめです。インソールで靴内の空洞を調整できるとより良いです。
装具をお使いの方
足長だけでなくワイズも左右違う事もあります。サイズをしっかりお測りいただいてからお選び下さい。
片足販売をご希望の方
◆サイズ左右違いをご希望方

◆既製品では合わない方

けがなどで左右の足のサイズが異なる方に、左右サイズ違いでの販売を行っております。(横幅が異なる場合には片足販売をご利用ください)
左右サイズ違い
靴底を高くしたい、ベルトを長くしたい、ワイドサイズに変更したい方におすすめです。
特注品になりますので、お届けに2週間程いただいております。
ご注文はFAXまたはお電話での受付になります。
既製品ではあわない方
ページトップへ