介護用の歩行器・歩行車

歩行器・歩行車を機能別に選ぶ

 ●固定型歩行器
  腕の筋力はあるが、杖歩行などは困難な方におすすめ
  フレームが固定されている歩行器です。
  両手で歩行器を持ち上げ前方へ置き、身体を支えて前進します。
  大腿部骨折や変形性股関節症、膝関節症やリウマチなど、
  杖を使えない場合に有効です。
 ●キャスター付歩行器
  腕の筋力の低下がみられる方におすすめ
  脚にキャスターとストッパーの付いた歩行器です。
  歩行器を前に出した後、真上から体重を掛けてストッパーを作動させ、
  体を移動させます。後脚にかかる荷重を抜くだけで前方へ移動できるので、
  腕の力が弱い方でも使用できます。
 ●交互型歩行器
  姿勢バランスがとりにくい方におすすめ
  左右のフレームを別々に、平行に前に出すことができる歩行器です。
  左右のフレームを交互に前方に動かし、体重を交互に移動させます。
  片足に痛みのある方や、脳神経系疾患で姿勢バランスが
  とりにくい方に有効です。
 ●肘支持型歩行車
  立位バランスが不安定な方、腕の筋力低下がみられる方におすすめ
  フレーム上部に肘をついて身体を支えながら前進します。
  退院後などの早期リハビリ用に使用できます。
  立位バランスが悪く、全身の筋力が低下している方に有効です。
 ●4輪歩行車
  持続した歩行が困難な方の外出におすすめ
  左右のハンドルを持って移動します。
  腰掛けや小物入れが付いているので外出に便利です。
  杖や歩行器で歩けるが、外出など持続した歩行が困難な方に有効です。
 ●サイドウォーカー
  歩行器を使用したいが片手しか使えない方におすすめ
  多点杖の安定性をより高めたもので、平坦な場所で使用します。
  脳血管障害による片マヒの方をはじめ、高齢者の変形性関節症や
  関節リウマチの方で、歩行器を使用したいが片手しか使えない方に有効。


全商品のカテゴリー

ページトップへ